学生の声

ここで出会えた人達に感謝しています

ここで出会えた人達に感謝しています

取材日: 2019年12月13日

在校生 作業療法学科

名前: 小板𣘺 一仁(4年)

  • 入学年:2016年
  • 出身高校:伊野商業高校
  • 部活: バドミントン部

土佐リハを選んだ理由

高3の頃、祖母が骨折をして、自分に何かできないかなと考えていました。医療の職種は色々あって迷っていた時に、先輩が土佐リハに通っていたことをきっかけに、先輩の勧めもあって土佐リハに決めました。

学科選択の理由・きっかけ

理学療法学科と作業療法学科の併願で受験し、作業療法学科に合格したのが始まりです。実際に勉強してみて、遊びや楽しいことをリハビリに活かしてもいいと知りました。作業療法は、生活の全てが「作業」にできてオールマイティー。患者さんの生活に直接触れられるし、散歩や料理、笹船作りでも、いろんなものを使ってリハビリにできるのがいいと思います。
ここで出会えた人達に感謝しています

学校生活について

今まで習ったことのない勉強は大変で、1・2年生の頃は、正直、やめたいって思ったこともありました。でも、実習に行って変わりました。患者さんの笑顔や、笑顔にできることがすごく嬉しくて、一日を無駄にできない、勉強あるのみ!と思えるようになりました。学校生活では、学友達との関りが大きな楽しみです。遊んだりテスト期間中に助け合ったことはいい思い出です。出会った友達がよかった。普段、面と向かっては言えないけど感謝しています。
ここで出会えた人達に感謝しています
ここで出会えた人達に感謝しています

入学して成長したところ

実習では、失敗してしまい、落ち込んだことがありました。そんな時、担任の先生が「先生を頼ってくれ」と言ってくれて、ちゃんと自分のことを見てくれてる、大切にしてくれてると感じました。乗り越えられたのは先生方のお陰です。国家試験に受かって卒業できたら恩返しだと思っています。周りを考えられるようになったことが、成長したところだと思います。
ここで出会えた人達に感謝しています