学生の声

みんなで頑張ろう!って、お互いを高め合える

みんなで頑張ろう!って、お互いを高め合える

取材日: 2019年10月03日

在校生 理学療法学科

名前: 三本 夏子

  • 入学年:2019年
  • 出身高校:須崎高校
  • 部活: 野球部マネージャー

土佐リハを選んだ理由

オープンキャンパスでみんなが楽しそうにしているのを見て、雰囲気が自分に合っていると感じたからです。先生との仲もよさそうで、ここでなら4年間続けていけると確信しました。元々、理学療法士と看護師で迷っていたので、看護学校も含めて県外の学校も色々行ってみた結果、土佐リハが合うと思いました。

学科選択の理由・きっかけ

中学では吹奏楽部でしたが、高校では野球部のマネージャーになりました。マネージャーをするようになって、人のサポートをするのが好きだと気づいたこと、部員がリハビリを必要とする怪我をした時に何もできなかったのが悔しくて、理学療法士になって知識を増やしたいと思ったことがきっかけです。
みんなで頑張ろう!って、お互いを高め合える

学校生活について

土佐リハは楽しいです!覚える内容は多いし難しいけど、みんな同じ立場なので一緒に頑張ろうと思えます。先輩や友だちもおもしろくて優しい人ばかり。野球部は部員もマネージャーも顧問の先生もみんな理学療法学科です。交友関係が広がったので、サークルに入るのはおススメです。
みんなで頑張ろう!って、お互いを高め合える
みんなで頑張ろう!って、お互いを高め合える

入学して成長したところ

自ら勉強に取り組むようになったところです。将来の夢がはっきり決まったことで頑張らないと、と思うようになりました。周りがテストの1ヶ月前ぐらいから勉強を始めるので、すごいな、と思います。高校までは友だちと教え合うことは少なかったです。土佐リハでは教え合ったり、みんなで頑張ろうと思えるようになりました。それが嬉しいです。
みんなで頑張ろう!って、お互いを高め合える