学生の声

やりたいと思った時が始めるタイミング

やりたいと思った時が始めるタイミング

取材日: 2019年08月07日

在校生 理学療法学科

名前: 柿内 稔

  • 入学年:2019年
  • 出身高校:追手前高校
  • 部活: サッカー部

土佐リハを選んだ理由

オープンキャンパスに行った時に、学生がしっかりしていて質が高いとの印象を持ったこと、クラスの人数が比較的少ないので、きちんと授業を受けられそうだと思ったことが理由です。学生のふるまいを見て、ここなら入学しても大丈夫だろうと思いました。

学科選択の理由・きっかけ

長野でスキーのインストラクターをしていましたが高知に帰ることになり、これを機に、以前から興味のあった理学療法士の資格を取ろうと思いました。スキー中に骨折したり靭帯を痛めた後なかなか復帰できないお客さんが多かったので、怪我の予防やリハビリ短縮化の重要性を感じていたからです。また、アスリートトレーナー的な切り口から理学療法に興味を持ちました。
やりたいと思った時が始めるタイミング

学校生活について

土佐リハは高校と大学の中間的なイメージです。新しいことを始めるのに抵抗がないタイプなので、不安以上にワクワクしています。勉強はしたいと思った時にやるのがいいと思って入学したので、忙しい部分はありますが、充実した学校生活が送れています。
やりたいと思った時が始めるタイミング
やりたいと思った時が始めるタイミング

入学して成長したところ

過去の学生時代と比較して効率的に勉強できるようになりました。基本は授業をきちんと聞くこと、そして帰宅後には簡単にその日の振り返りをしています。理学療法士として病院で勤務することにとらわれず、人がやっていない分野を開拓してみたいと思って勉強しています。
やりたいと思った時が始めるタイミング