教員紹介 | 稲富 惇一

Teacher教員紹介

稲富 惇一

稲富 惇一

Junichi Inatomi

作業療法学科

作業療法学科 講師 / 作業療法士・医科学修士

一言あいさつ
対象者の方の生活を考えて日々学んでいきましょう。
専門分野
脳卒中、小児

研究テーマ

(1)日常生活動作と姿勢制御
(2)運動学習
(3)脳卒中・脳性麻痺児に対する作業療法
(4)介護予防
(5)他職種・他業種連携

プロフィール

稲富先生

高知県出身で本校の卒業生(第15期卒)でもある稲富先生は、子供から大人まで幅広い年代の方にリハビリテーションを提供できるようになりたいという思いから、大阪の森之宮病院で勤務していました。
臨床場面では、脳卒中疾患の方には入院中から在宅まで関わり、身体機能面の介入に加えて、生活動作が円滑に行えるための指導や御家族への介助方法の伝達を行ってきました。脳性麻痺の方には就学前や就学中の子供と関わる中で、御家族だけでなく、小・中学校の先生への介助指導や学習場面での環境設定等の提案を行ってきました。
地域活動では、作業療法をより多くの人に普及したいと考え、中学生へ職業講話をしたり、介護フェアに参加し、地域住民の方が自宅で行える介護指導を行うなどの取り組みをされています。
エネルギッシュで世話好きな稲富先生は、学生から慕われる存在です。

資格・受賞歴

■資格

(1)認定作業療法士
(2)生活行為向上マネジメント指導者
(3)福祉住環境コーディネーター2級
(4)防災士
(5)専修学校 認定准教員
(6)ボバース基礎講習会修了
(7)近代ボバース概念小児8週間講習会修了

■受賞歴

◎助成採択:生命(いのち)の基金,高齢者の骨折軽減を図るための転倒予防プログラム(助成額:600,000円)

所属学会・団体

(1)日本作業療法士協会
(2)高知県作業療法士会
(3)日本ボバース研究会

社会貢献・地域活動

【現在】
(1)一般社団法人高知県作業療法士会 理事(学術部)
(2)一般社団法人高知県作業療法士会 学会査読員
(3)一般社団法人高知県作業療法士会 現職者選択研修 MTDLP基礎研修 講師
(4)一般社団法人高知県作業療法士会 生活行為向上マネジメント実践者研修 講師
(5)SIG認定 高知リハビリテーション研究会Next Stage 共同代表
(6)CVA時期別OT研修会 知覚運動アプローチ編(高知会場) アシスタント
(7)中四国姿勢ADL研修会 講師 アシスタント

【2020年~2017年】
◎地域活動:転倒予防教室(オーテピア高知図書館 × 土佐リハビリテーションカレッジ)、高知ふくし機器展バリアフリーフェスティバル小児ブース、大津地区リハビリテーション応援団、高校生への職業講和
◎取材:高知さんさんテレビ「おうちde体操」、RKC高知放送自宅でできるリハビリテーション、高知の子育て応援ウェブメディア ココハレ『「うちの子、不器用?」「運動が苦手かも…」「発達を促す遊びは?」リハビリの専門家おすすめの本を紹介します。』
◎県士会活動:一般社団法人高知県作業療法士会 教育部、一般社団法人高知県作業療法士会 巡回相談員
◎その他:青年療法士育成塾講師

【2016年~2011年】
◎地域活動:バリアフリー展事務局作業療法ブース、高校生・中学生への職業講和
◎県士会活動:大阪府作業療法士協会 事務局
◎その他:一般社団法人日本ボバース研究会 論文査読委員、社会医療法人大道会 労働組合・互助会 副会長・会長

稲富先生
からの
メッセージ

稲富先生
1.学生に一番伝えたい事
仲間たちと共に学び・遊び・語り合う時間を大切にして下さい。作業療法士になる、という一つの目標に向かっていく学生時代の友人は何にも変えられない大切な存在です。その時間を積み重ねていく中で、友人のことはもちろん、自分自身も大事にしてほしいと思います。友人と自分を大事にできる人は、作業療法士になってからも、対象者の方の立場に立って物事を考えられる素敵な人材になると思います。
2.医療系進学を目指す人へのメッセージ
私たちを必要とされる方々は、心身に何らかの障がいを負い、何かしらの不安を抱えていらっしゃいます。それは対象者の方だけでなく、その御家族も同様です。対象者の方とその御家族が抱えている不安を少しでも減らせるように、相手の状態に合わせた言葉がけのできる医療者を目指してほしいと思います。
3.稲富先生にとって作業療法士とは?
対象者の方が「その人らしい生活」を営めるために、より良い方向へ援助できる専門職。作業療法士は、より良い方向へ援助するための手段として、心身面への介入や動作指導だけでなく、道具や器具・人・環境調整など様々な方法を考えます。様々な方法を提案できる仕事だからこそ、対象者の方に合わせた援助ができる素敵な仕事であると思っています。

活動実績・研究内容

■主な研究論文
効果的な運動学習を促すFocus of Attentionの決定には運動イメージ能力の差異が指標となる.

稲富惇一, 箭野豊, 萩原賢二, 桂雅俊, 片岡聡子

第54回日本作業療法学会 2020年9月25日〜10月25日

作業療法士の治療効果提示と仮説提示は病棟協働の一助となり得る

稲富 惇, 畑田 早苗, 萩原 賢二, 箭野 豊, 片岡 聡子

第16回高知県作業療法学会 2020年2月29日 ※新型コロナウイルスの関係で延期

注意の焦点化の違いは運動学習効果に差異を生じさせる~運動イメージ能力の差に着目して~

稲富 惇一, 片岡 聡子, 萩原 賢二, 箭野 豊, 山口 正洋

第30回四国作業療法学会 2019年9月28日~29日

性質の異なる運動イメージ評価の相関関係の有無について

稲富 惇一, 畑田 早苗, 萩原 賢二, 箭野 豊, 片岡 聡子

日本作業療法学会抄録集 53回 PP - 1E01 2019年9月

発達障害児を持つ保護者への子育て支援講座開催の効果

片岡 聡子, 箭野 豊, 萩原 賢二, 稲富 惇一, 畑田 早苗

日本作業療法学会抄録集 53回 OI - 4 2019年9月

統合失調症患者の歩行の特徴について 自己感と歩行能力・足底触圧覚の関連性

萩原 賢二, 畑田 早苗, 片岡 聡子, 箭野 豊, 稲富 惇一

日本作業療法学会抄録集 53回 OH - 4 2019年9月

脳性麻痺児に対するExternal focus of Attentionと結果の知識を組み合わせたホームプログラム効果

稲富 惇一, 箭野 豊, 細川 かおり, 萩原 賢二, 畑田 早苗, 片岡 聡子

第29回四国作業療法学会 2018年10月27日~28日

良姿勢と不良姿勢がもたらす注意機能への影響

稲富 惇一, 箭野 豊, 細川 かおり, 萩原 賢二, 畑田 早苗, 片岡 聡子

リハビリテーション・ケア合同研究大会 米子2018 2018年10月3日~4日

脳性麻痺児に対する予測的姿勢制御と運動学習を考慮したホームプログラムの効果

稲富 惇一, 畑田 早苗, 井上 美和, 細川 かおり, 箭野 豊, 萩原 賢二, 片岡 聡子

土佐リハビリテーションジャーナル (11) 9 - 14 2017年12月

生活期における「茶碗把持の獲得」に向けた短期的介入の効果 脊髄梗塞・発症後長期が経過した症例に対する機能回復と日常生活への汎化を考慮した治療の展開

山本 洋輝, 稲富 惇一, 片岡 聡子

土佐リハビリテーションジャーナル (11) 15 - 21 2017年12月

施設間の目標共有ツールとして生活行為向上マネジメントが有用であった事例 急性疼痛を呈する脊椎圧迫骨折患者のQOLに着目して

桂 雅俊, 大野 知佳, 小松 基靖, 石井 誠二, 稲富 惇一, 箭野 豊

土佐リハビリテーションジャーナル (11) 23 - 28 2017年12月

生きがいを重視した介入 -重度片麻痺者と妻への目標聴取を通して-

稲富惇一, 三浦正樹, 木瀬憲司

第50回日本作業療法学会 2016年9月

訪問リハビリテーション開始時における環境調整の重要性

稲富惇一, 木瀬憲司

第29回大阪府作業療法学会 2014年12月

頸部固定が麻痺側上肢操作に与える影響について -立位での下衣着衣に着目して-

稲富惇一

第28回大阪府作業療法学会 2012年10月