新着情報

片岡先生の記事が『作業療法ジャーナル』に掲載されました

片岡聡子

2021.02.18

本校作業療法学科の片岡聡子学科長が寄稿した記事が、2月15日発行『作業療法ジャーナル(Vol.55 No.2)』に掲載されました。

『今こそ、「あり方」再考』と題して、コロナ禍の2020年を振り返りこれからについて述べています。

文中では作業療法士としての「人格の陶冶」にも言及し、信頼関係を築くことや、新しい考え方を受け入れることの大切さなど、片岡学科長の率直な思いが綴られています。

『作業療法ジャーナル』は、発行元の三輪書店やAmazon等でも購入できますので、ぜひご一読ください。

また、次号『作業療法ジャーナル(Vol.56 No.3)』(3月15日発行)でも、「コロナ禍で変わる臨床実習」として本校の取り組みが紹介される予定です。

次号もお楽しみに。

 

https://wp.me/p8ZzAS-1sZ