理学療法士・作業療法士の専門学校

理学療法士・作業療法士の専門学校

Open Nav

社会人の皆様へ

在学生インタビュー「出会えてよかったと思えるセラピストを目指して」

私には、常時介護が必要な家族がいることもあり、訪問リハビリなどで理学療法士や作業療法士の仕事を間近でみる機会が多くありました。機能訓練だけでなく、装具の作製や日常生活を送る上でのアドバイスから、私たち家族のことを考えてくれているのがよく伝わってきました。信頼関係を築き、障害で不便を感じている方々に直接関わり支えていける仕事としてとても魅力的に感じました。


また、以前医療事務に携わっていたこともあり、リハビリテーションの必要性や様々な分野で多様化する理学療法士の将来性を感じ入学を決意しました。


入学後は、先生方の丁寧な指導や若いクラスメイトにも支えられ、専門的な知識の修得だけでなく、出会えてよかったと思えるセラピストになれるよう日々励んでいます。


理学療法学科 2年 谷相 史枝

高校・大学を卒業後、一般企業や公的機関で働く中で、改めて自分の将来を見つめ直し「医療の分野で働いてみたい」「生涯を通じてキャリアアップを図り、社会に貢献する仕事がしたい」と、専門学校に入学する方が増えています。

土佐リハでは、社会人経験者の皆様の”やる気”を総合的にサポートするため、高校教育の学び直しをサポートする基礎学力定着講座や、専門教育の補講講座など、教職員連携による学生支援体制の強化を図っています。

あなたの”優しさ”と”責任感”を、医療の現場に役立ててみませんか?

詳しくは各案内ページで