理学療法士・作業療法士の専門学校

理学療法士・作業療法士の専門学校

Open Nav

講師紹介 箭野 豊 講師

作業療法学科 講師
箭野 豊(作業療法士・医科学修士)Yutaka Yano
研究テーマ
  • (1)中枢神経系疾患に対する活動分析アプローチの有効性について
  • (2)嗅覚刺激が身体反応に及ぼす影響について
所属学会・団体等
  • (1)活動分析研究会 臨床研究委員
  • (2)四国環境適応講習会 講師
  • (3)CVA時期別OT研修会 高知会場講師兼事務局長
  • (4)日本作業療法士協会
  • (5)高知県作業療法士会
プロフィール
 1975年生まれ。本校第3期の卒業生で、高知県出身の箭野先生は、山梨県・愛媛県で約16年半の病院勤務後、本校に着任しました。臨床場面では、急性期から回復期リハビリテーション病棟での脳卒中の患者様を発症から在宅まで、そして脳性麻痺(まひ)の小児に対する治療にも携わった経験があり、リハビリテーション部門の役職員として理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の教育・指導にも取り組んでいました。大学院(医科学修士課程)では「嗅覚刺激が身体機能に与える影響」について研究し、作業療法で観察される患者の変化を科学的に考察する活動をしています。

箭野先生に直撃インタビュー!

質問①:学生に一番伝えたい事は何ですか?

 リハビリテーションに取り組む患者様、そして作業療法士は、よくなりたいという「希望」をもって一緒に取り組みます。その治療過程における作業療法の魅力、身体のメカニズムの豊かさ、回復の可能性を伝えたいです。

質問②:医療系進学を目指す人へのメッセージをお願いします。

 「病気になった人のからだを良くしたい。そして、人に寄り添い、人のためになる仕事がしたい!」と思う人は、作業療法士を目指してください。そして、作業療法士になって、患者様の変化を是非、経験してもらいたいです。

質問③:箭野先生にとって作業療法士とは?

「諦めない心と行動力で、人の可能性を引き出す医療職」

 これが作業療法士だと思います。専門職として知識・技術も大事ですが、相手の立場に立ち、人の意見や考えを素直に受け止め行動できる事が、医療職にとって大切だと思います。

箭野先生 フォトライブラリー