理学療法士・作業療法士の専門学校

理学療法士・作業療法士の専門学校

Open Nav

講師紹介 滝本 幸治 講師

理学療法学科 講師
滝本 幸治 (理学療法士・医学博士)Koji Takimoto
研究テーマ
  • (1)年齢を重ねることによる運動・認知機能の特性解明
  • (2)転倒や認知症のリスクがある方の検査方法の開発や予防手段の追求
  • (3)医療機関外で提供されるリハビリテーションの在り方の検討
所属学会・団体等
  • (1)高知県理学療法士連盟 理事
  • (2)日本理学療法士協会
  • (3)日本体力医学会
  • (4)日本物理療法学会
  • (5)理学療法科学学会
  • (6)高知県理学療法士協会 事務局
資格・その他
  • (1)専門理学療法士(生活環境支援)
  • (2)地域包括ケア推進リーダー
  • (3)介護予防推進リーダー
  • (4)介護支援専門員
プロフィール
 滝本先生は、本校理学療法学科で開講している地域リハビリテーション学や運動分析学などの科目を担当しています。医療分野のみならず、保健・福祉領域でも活躍する人材を育成するため、授業では各分野の現状・制度を丁寧に説明し、理学療法士に期待されている役割や課題などを伝えています。講義は学内に留まらず、学生とともに近隣で実施されている介護予防事業への参加や介護保険施設等への体験実習も行っています。また、ビートルズを筆頭にジャンルを問わず音楽が大好きです。学生時代には高知市内の帯屋町で弾き語っていました。本校学園祭でも毎年弾き語りをしています。

滝本先生に直撃インタビュー!

質問①:学生に一番伝えたい事は何ですか?

「自ら考え、自らの意志をもち、それらを表現・発信できる大人になってもらいたい」

 いつも人の話を聞く、学習するだけのインプットばかりではいけません。如何にアウトプットできるか。その大切さに気づいてもらいたいです。

質問②:医療系進学を目指す人へのメッセージをお願いします。

 他の医療職種と比較して、対象者の方と1対1で触れ合う時間が圧倒的に長いのが私たちの仕事の特徴です。それだけ人に寄り添い貢献できる仕事だと思います。

質問③:滝本先生にとって理学療法士とは?

 私はよく学生に対して「理学療法士はデザイナーだ!」という話をします。私たちの職業は、担当した方のその後の人生を必死に探り、具体的な生活像を「デザイン」します。そして、その描いたデザインを実現するために効果的・効率的な手段を講じるのが、私たち理学療法士の仕事だと考えています。建築家も、デザイン(設計)して建築した家で生活する人々の暮らしを提供する仕事ですが、よく似た仕事だといえるかも知れません。

滝本先生 フォトライブラリー