理学療法士・作業療法士の専門学校

理学療法士・作業療法士の専門学校

Open Nav

講師紹介 竹林 秀晃 学科長

理学療法学科長
竹林 秀晃 (理学療法士・医学博士)Hideaki Takebayashi
研究テーマ
  • 身体運動の巧みさに関する研究(スポーツ選手や高齢者の運動イメージ能力や反応時間・予測機能などについて)
所属学会・団体等
  • (1)日本理学療法士協会
  • (2)日本基礎理学療法学会
  • (3)日本体力医学会
  • (4)日本バイオメカニクス学会
  • (5)日本臨床バイオメカニクス学会
  • (6)認知神経リハビリテーション学会
  • (7)高知県理学療法士協会
資格・その他
  • (1)専門理学療法士(基礎・運動器・神経系・生活環境支援)
  • (2)認定理学療法士(介護予防)
  • (3)地域包括ケア推進リーダー
  • (4)介護予防推進リーダー
プロフィール
 1974年生まれ。本校第1期の卒業生でもある竹林先生は教員として、また先輩として本校の学術的活動に熱心に取り組み、土佐リハビリテーションカレッジ同窓会「未来会」会長を務めています。視聴覚教材を用いた分かりやすい竹林先生の専門授業は、学生の意欲・関心を高めるだけでなく、理学療法士としての情熱と誇りが伝わります。また、学生時代には陸上競技の短距離選手として活躍。現在は、息子との短距離競走に向けて肉体改造中です。

竹林先生に直撃インタビュー!

質問①:学生に一番伝えたい事は何ですか?

 人に対して優しいことは理学療法士として大前提ですが、理学療法士としての本当の意味で“やさしい”ということは、確かな知識・技術を科学的思考に基づいて実践できることです。学生―教員というより、同じ仲間になる者として自らの研究活動などを通して、情熱をもって仕事する大切さを伝えたいです。

質問②:医療系進学を目指す人へのメッセージをお願いします。

 私は高校時代、陸上部に所属していましたが、太ももの肉離れなどで何度かケガに泣かされ、悔しい思いをしました。それをきっかけに、リハビリテーションの道に進むことを決めました。私の夢の一つは、スポーツのケガで自分と同じ悔しい思いをする人がいなくなるようにすることです。スポーツだけなくこうした思いのある方、ぜひ一緒に夢を実現しましょう。

質問③:竹林先生にとって理学療法士とは?

「理学療法士として大切なことは、”努力”」

 理学療法士として大切なことは「努力」です。その「努力」は、自分のためではなく、患者さん(学生)のために頑張ることで、自分に返ってくるものがあります。決して一人ではなく、一緒に自己実現できるところに魅力を感じます。この積み重ねが、社会貢献へとつながることを意識できるのが本当のセラピストだと思います。

竹林先生 フォトライブラリー