理学療法士・作業療法士の専門学校

理学療法士・作業療法士の専門学校

Open Nav

講師紹介 宮本謙三 校長

校長
宮本 謙三 (理学療法士・医学博士)Kenzo Miyamoto
研究テーマ
  • (1)運動機能の加齢変化に関する研究
  • (2)理学療法教育の方法論に関する研究
所属学会・団体等
  • (1)高知県理学療法士協会 会長
  • (2)日本理学療法士協会
  • (3)日本教育心理学会
  • (4)日本スポーツ運動学会
  • (5)日本体力医学会 等
プロフィール
1961年生まれ。宮本先生は土佐リハ開校時より、主に理学療法の専門教育を担当し、現在は両学科に共通する基礎医学分野の科目を担当しています。「理学療法の教育方法」や「高齢者の運動機能」に関する研究論文などを発表し、海外の老年医学専門誌に掲載された「A New Simple Performance Test Focused on Agility in Elderly People(高齢者における敏捷性に焦点をあてた新簡易運動機能検査法)」という論文で、医学博士号を取得しています。放課後は、臨床現場で活躍する現役のセラピストたちが校長先生の研究室を訪れ、医学研究に関する事や臨床現場における悩みなどを相談するなど、教育・研究ともに人気を集めています。また、高校時代はサッカーでインターハイの出場経験があります。

宮本校長先生に直撃インタビュー!

質問①:学生に一番伝えたい事は何ですか?

 病気やケガなどで身体に障害を持った人にとって、「自分の足で1歩前に出ること」や「新たな事に取り組む」ことは、とても難しい事です。患者さんの気持ちに寄り添える、素敵なセラピストを目指し、本校の学びを通じて、大きく自己成長してもらいたいです。

質問②:医療系進学を目指す人へのメッセージをお願いします。

 理学療法士・作業療法士の仕事は、リハビリを通じて患者さんの生活をより良いものに変え、社会に貢献する「やりがいある仕事」です。患者さんに信頼され、親しまれる医療人を目指して、何事にも前向きにチャレンジしてみてください!

質問③:宮本校長先生にとって理学療法士・作業療法士とは?

「セラピストは飽くなき挑戦者だ。 その心持ちは決して忘れてはならない。」

宮本校長先生 フォトライブラリー