理学療法士・作業療法士の専門学校

理学療法士・作業療法士の専門学校

Open Nav

講師紹介 片岡 聡子 学科長

作業療法学科長
片岡 聡子 (作業療法士・保健学修士)Satoko Kataoka
研究テーマ
  • (1)脳血管障害者に対するactivityを用いた治療効果
  • (2)作業療法士の生涯教育について
所属学会・団体等
  • (1)活動分析研究会 高知県代表
  • (2)日本作業療法士協会
  • (3)日本ボバース研究会
  • (4)高知県作業療法士会
資格・その他
  • (1)福祉住環境コーディネーター2級
プロフィール
 片岡先生は、脳血管障害に対する作業療法について研究しています。「脳血管障害」に特化した研究会に所属し、各種研修会での講師活動、作業療法関連書籍の執筆など積極的な学術活動を展開しています。授業では「即戦力を育てたい!」との思いから、身体障害分野の対象者への触れ方や治療実技など臨床現場を想定した授業を展開しています。また、これからの社会に求められる人材や概念についても追求し、変化の多い時代に適応できるジェネラリストとしての作業療法士の育成を念頭に教育しています。

片岡先生に直撃インタビュー!

質問①:学生に一番伝えたい事は何ですか?

「ともに学びあう仲間は、一生の宝」

 作業療法士は資格取得に向けて、また取得後も生涯勉強を続けていくべき職種です。時にはそれが苦しい時もあるでしょう。一人では乗り越えられないことも仲間となら乗り越えられる、続けられるものです。私自身、学生時代も作業療法士になってからも多くの素晴らしい仲間と出会い、支えられてきたという実感があるからこそ、みんなにも伝えたい言葉です。学生生活の苦楽を共にし、いま隣にいる仲間を大切にしてください。心を開き、思いや考えをぶつけ合い、受け止めあうことで仲間になっていきます。

質問②:医療系進学を目指す人へのメッセージをお願いします。

 作業療法対象者は、心身ともに傷ついていることが多いです。自分や自分の家族がこのような状況になった時、どんな作業療法士に身を預けたいですか?理想の作業療法士像を思い描き、一緒に頑張りましょう。

質問③:片岡先生にとって作業療法士とは?

「知性・人間性・技術力のバランスのとれた人」

 対象者に臨むにあたって、この3つの要素のどれが欠けてもいけません。この3つをより大きく深く、そしてバランスよく成長し続けるべき仕事が、作業療法士の仕事です。トライすべきことが多いからこそ面白い仕事だと思います。

片岡先生 フォトライブラリー