理学療法士・作業療法士の専門学校

理学療法士・作業療法士の専門学校

Open Nav

講師紹介 井上 美和 講師

作業療法学科 講師
井上 美和 (作業療法士)Miwa Inoue
研究テーマ
  • (1)認知症の方に対する作業療法
  • (2)精神疾患に対する地域移行支援と就労支援
所属学会・団体等
  • (1)日本作業療法士協会
  • (2)日本作業療法士連盟
  • (3)NPO法人臺式簡易客観的精神指標研究会
  • (4)四国精神科作業療法士懇話会
  • (5)高知県作業療法士会
資格・その他
  • (1)一般社団法人 SST普及協会 SSTアドバンスコース終了
  • (2)こころの健康づくり対策 思春期精神保健研修コメディカルベーシックコース終了 → 思春期精神保健対策医療従事者 取得
  • (3)こころの健康づくり対策 PTSD対策専門研修コメディカルベーシックコース終了 → PTSD精神保健対策医療従事者 取得
  • (4)簡易客観的精神指標検査ベーシックコース終了
プロフィール
 作業療法学科で主に精神学分野を担当している井上先生は、精神科に長期入院する人に着目した研究論文を書いています。入院が長期化する人への作業療法の進め方や、治療効果を高めるための良好な関係の築き方など、幅広い研究に取り組んでいます。 また、学生時代に普通自動二輪の免許を取得。四国をツーリングしたこともあります。自転車やアウトドア、グルメツアーが趣味で、最近では、バス釣りにも挑戦しています。

井上先生に直撃インタビュー!

質問①:学生に一番伝えたい事は何ですか?

「よく学び、よく遊べ!」

 今しかできないことを、たくさん経験してほしいです。私たちが対象とする方々は、様々な経験を持ち、個々に異なった目標を持っています。今経験していることは将来必ず、作業療法士として働くうえで、貴重な財産となります。臨床現場では、対象者から教えて頂くこともたくさんあるので、素直な気持ちで経験を積んでください。

質問②:医療系進学を目指す人へのメッセージをお願いします。

 私たちの仕事は「対象者=“人”との交流あってのこと」です。人は1人では生きていけません。人と出会い、人の思いや希望に寄り添うことで、たくさんの笑顔や元気に触れることができます。対象者の方から“ありがとう”と言葉をいただき、私たちも対象者に感謝するというように、私たち自身も成長できる仕事が、作業療法士の大きな魅力です。

質問③:井上先生にとって作業療法士とは?

「自分自身が治療手段の一つ」

 それは、自分の個性を活かしながらも、対象者に合わせた関わりや、その思いに寄り添うことです。個々に対応できる能力を身に付けるためには、常に学び続け、時には立ち止まることも大切ですが、前向きに歩み続ける人が、作業療法士だと思います。

井上先生 フォトライブラリー