新着情報

「スポーツ理学療法学」 森本整形外科・内科 院長の授業がありました

教員ブログ

2019.10.28

理学療法学科3年生は「スポーツ理学療法学」の一環で、毎年後期、二週にわたり「もりもと整形外科・内科」のスタッフに授業を担当して頂いています。

「もりもと整形外科・内科」は「スポーツ整形外科」を診療科に持ち、スポーツリハビリテーションにも熱心に取り組まれている医院です。今週はその第一週目として、高知県サッカー協会医学委員長でもある森本哲郎院長に講義をして頂きました。

森本先生はまず、医学におけるスポーツ整形外科の位置づけや、スポーツ選手・コーチとの連携の取り方についてお話をされました。

次にスポーツ障害・外傷の症例を提示しながら、それぞれの特性について解説されました。発育期のスポーツプレーヤーに関わる際には、プレーヤーが発育途上にあることを念頭に、先を見越したサポートをすべきであると強調されました。

 

障害予防には「自分の身体を知る」ことも重要です。授業の終わりには、クラス全員でスマホ猫背のチェックも行いました。

来週は理学療法スタッフを講師に迎え、テーピングの実技に取り組みます。

https://wp.me/p8ZzAS-T1